錆切予備研磨について

 

 

 

  錆切予備研磨は完全な錆身を研磨する際にお客様のリスクを最低限に抑える為に当工房が御用意させていただいている研磨です。

 

 金剛砥#180などの荒砥のみ使用し、刃紋が元から先まで通っているか否か、疵の有無などを確認するのが目的です。

 ・ 精密な整形までは行いませんが棟、鎬地などの錆切りも行います。

 

 ・ ”研磨実演”の金剛砥の項目を御参照下さい。

 

 ・ もし、匂い切れで刃紋が確認されない、刃切れや烏口など、致命的な欠点が発見された 場合、金剛砥の段階で研磨を終了となります。これによって御客様は錆切予備研磨料金のみの御負担となります。

 

 ・ 匂い切れや疵が発見されなかった場合はそのままお預かりして最後まで仕上げる事も可能ですし、錆切り研磨のみで一旦終了、御返送し、後日改めて研磨の御依頼をされる事も可能です。

 

 ・ 往復の送料はお客様のご負担となります。そのままお預かりし仕上げまで行う場合はこの限りではありません)

 

 ・ 荒砥段階で御返しとなる場合は、一粒の荒砥粒も残らぬよう刀身は完全に清めて御返しいたします。

 

 ・ 錆切予備研磨からの白鞘製作、ハバキ製作はお引き受けできません。     

 

 ・  錆切予備研磨は錆刀の研磨御依頼の必須項目ではなくあくまで御客様の御希望による研磨種類です。

  錆切予備研磨なしでの通常研磨は整形研磨(寸8000円)となります。   

           

 ・ 錆切研磨後、日を改めてのそれ以降の研磨御依頼は”標準修整研磨”となります。

 格安研磨での御依頼は承っておりませんので御理解御承知置きのほどお願い致します。

(錆切予備研磨は美術研磨を前提とした荒砥工程研磨です。なお、格安研磨相当の錆切研磨はお取り扱いしておりません)  

 

  地刃が完全に見えない錆刀の研磨を御検討の際、是非当工房の錆切予備研磨をお試しくださいませ。

 

 注: 地刃不明の完全な錆身が対象です。

 そのままお預かりして仕上げまで行う場合、錆切予備研磨料金ではなく、整形研磨としての扱いとなり、料金は整形研磨となります。(錆切予備研磨料金は整形研磨料金に含まれます)

               

 

お問い合わせは togishi@s6.dion.ne.jp まで

 

戻る
錆切予備研磨について